正しいヒンジ・コックを身に付けたいなら【マナヒンジ】がおすすめ!

ヒンジ・コック=コッキングは弾道の方向性や飛距離アップに必須のテクニックです。

しかし、正しいヒンジ・コックの感覚を身に付けるのは簡単ではありません。手首を使わないスイングでプレーしているアマチュアゴルファーの方は多いのではないでしょうか。

そのままのスイングでは、飛距離を伸ばすことが難しくなってしまいますゴルフのスイングは、手首を上手く使うことでボールを遠くへ飛ばすことができるのです。

そこで、正しいスイング身に付けて飛距離を伸ばすためにおすすめしたいのが『マナヒンジ』です。

マナヒンジは、右手に装着(右打の場合)して正しいヒンジ・コックの感覚を養うゴルフ練習器具です。正しいグリップ、正しいトップポジション、強くて正確なインパクトに導いてくれます。

ここからは、マナヒンジについて詳しく紹介していきます。

Sponsored Link

マナヒンジの開発コンセプト

左手に付ける矯正器具は効果が薄かった

今までのスイング矯正器具といえば、『左手』に付けて矯正するという器具ばかりでした。

コッキングの手首をサポートする補助器具も、もちろん左手に付けるものばかりでした。

しかし、ゴルファーの多くは右利きの為、不器用な左手でコントロールするというのは多くの練習が必要とされていました。また、矯正器具を外してスイングをすると、付けている時の感覚とギャップが大きかった為、上達するまで時間が掛かっていました。

そこで、ティーチングプロである中井学さんと朝日ゴルフで共同開発されたのが「マナヒンジ」という右手に装着する練習器具です。

利き手である右手首の感覚を養うことで、クラブのコントロールを今までよりも早く覚えられる器具になっています。

コンセプトは、基礎のスイングを覚えるための補助用具です。

Sponsored Link

矯正器具を外してもコッキングの感覚に違和感のない設計

「実際のコースで起こらないことを練習する。付けない物をつけて練習する。というのはマイナスの要素のほうが強い可能性がある」と中井学さんは考えられています。

そのため、実際にゴルフをプレーする時に器具を外した状態でも違和感のない感覚を養えるように設計されています。

器具を外した後の感覚に違和感を感じないようガチガチに手首を固めるのではなく、ある程度自由の利くサポートの強さになっています。

適度な硬さでサポートされているので、右手首の正しいヒンジ角を保ったスイングなら何の抵抗も感じることなくスイングすることができます。しかし、「手首の返しが早い」などの間違ったコッキング動作では、手首に違和感を感じるようになっています。

間違ったスイングをすると若干の違和感を感じますが、正しいことをすれば気持ち良い感覚でスイングができます。

この感覚を養うことで、正しいスイングが身につくという仕組みになっています。

 

マナヒンジの特徴

マナヒンジを付けて練習をすることで、どんな効果が得られるのか紹介します。

Sponsored Link

① スクエアグリップが身につく

正しいヒンジ・コックの動作を行うには、正しくグリップするということが基本になります。

『左手をスクエアでグリップする』ということを身に付けるのは割と簡単ですが、『右手をどうグリップするのが正しいのか』と迷う方は多いのではないでしょうか。

この問題も、マナヒンジを使うことで自然と右手首にヒンジ角が付き、自然と正しいグリップができるの迷うことがなくなります。

② スクエアなトップポジションが身につく

ボールを真っ直ぐ飛ばす為に意識して欲しい一つとしてトップ時の左手の甲の角度があります。

理想としては、『左腕と左手の甲の角度が一直線』の状態になることです。これがスクエアフェースでボール捕らえることにつながります。

理想的なトップの状態を作る為に左手を意識される方が多いのではないでしょうか。実は、左手を意識しなくても、右手のヒンジ角が正しければ左手の甲の角度は一直線になるんです。

この感覚も、マナヒンジを使うことで右手首の正しいヒンジ角を作ることができるので、左手を意識することなくスクエアなトップポジション身につけることができます。

③ 身体の回転パワーがインパクトに生かせる

ボールを遠くに飛ばすには「腕をどれだ早く動かすか」ということが一般的には重要だと言われてます。

しかし、腕を動かすスピードを意識し過ぎてしまうことで、クラブのリリースが上手くできなくなりトップやシャンクなどのミスショットをしてしまう場合も多いものです。

更に、このミスを補うために『手首を返すタイミングを早くする』ということをする方も多くいます。

このような動作が原因で、ショットが安定しない状態に陥るということが多いようでした。

理想は、下半身が主導で回転し、回転が止まったところで下半身にブレーキが掛かり、その反動で上半身が回転、手元のスピードが少し落ちることで自然と手首が返るという流れです。

なので、クラブをリリースするタイミングは考える必要がなく、意識をして手首を返す必要はありません。

この一連の流れを身に付ける為には、手首の角度をキープするということが重要になります。

この手首の角度を補助してくれるのがマナヒンジです。

コッキングをキープしてスイングしようとすると、だれでも自然とボディーターンを使ったスイングになります。マナヒンジで手首を補助することで、よりその感覚がダイレクトに感じられます。

 

マナヒンジを使った方の口コミ

右手の角度は パターやショートアイアンに特に重要と思っています。学ヒンジ購入後今はパターの練習に使っていますが 引っかける癖が治り効果があります。アイアンでも使う特にショートアイアンにも効果があると思っています。

出典:楽天みんなのレビュー

これは装着して打てますね。 自然にバックスィングすれば正しい トップの位置に収まっている感じです。 練習場にて最初これで少し打ってから 外して打つと効果が実感できました。 いつもグローブサイズ22センチなのでSサイズ購入しましたが 少し小さくMサイズ追加で買い足しました。

出典:PayPayモール

レッスン5回して、使い方が分かってきました。今まで必要以上にコネていたようです。力が入ると悪さをする事も分かりました。活用して、無理のないスイングを作り上げます。

出典:PayPayモール

 

マナヒンジ購入時の注意点

マナヒンジはコッキングの感覚を養うのにとても便利なアイテムです。

もし購入されて使ってみようという方は「サイズ選び」だけ注意してください。

マナヒンジは、【S】、【M】、【L】の3サイズで販売されています。

基本的には普段使われているグローブと同じサイズが目安となるようです。

しかし、購入者の口コミを見ると、グローブと同じサイズでは小さいというコメントが多くみられます。

マナヒンジの公式ページでは、「手の甲の長さでサイズを選んでほしい」と記載されていますので、こちらの基準で選ぶほうがジャストサイズになると思います。

測定方法は次のようになっています。

手首を甲側に曲げ、手首から中指の付け根までの長さを測って下さい。

出典:https://www.buzz-shopping.jp/item/manahinge/

長さが、「7.5㎝~8.5㎝」でSサイズ「8.0㎝~9.0㎝」でMサイズ「8.5㎝~9.5㎝」でLサイズとなります。

マナヒンジを使ってみたい方はこちらからの購入がおすすめです。

 

まとめ

コッキングはゴルフで重要な技術です。

しかし、口で説明されても実践するのは難しい技術でもあります。

何度もスイングの練習をして身に付ける必要があります。

この時に、マナヒンジを装着することで、手首の理想の角度を感覚的に教えてくれくれるので正しい動作が身に付きやすくなります。

正しいコッキングを覚えたいという方に是非おすすめしたいアイテムです。