正しいヒンジ・コックを身に付けたいなら【マナヒンジ】がおすすめ!

ヒンジ・コック(コッキング)は、弾道の方向性や飛距離アップに欠かせない重要なテクニックです。

しかし、多くのアマチュアゴルファーは正しいヒンジ・コックを身に付けるのが難しく、手首を使わないスイングでプレーしていることが少なくありません。このままでは、飛距離を伸ばすのは難しいでしょう。

ゴルフスイングは、手首を上手く使うことでボールを遠くへ飛ばすことができるのです。

そんな悩みを解消し、正しいスイングを身に付けて飛距離を伸ばすためにおすすめしたいのが【マナヒンジ】です。

ゴルフ場はどうやって予約されていますか?
楽天GORAでは、日本全国1,800以上のコースが予約可能です。楽天GORAからの予約&プレーで楽天ポイントも獲得できます。楽天カードを日頃から利用していたり、楽天ポイントを貯めている人はお得にプレーできるチャンスです。

コンペ予約はもちろん、1人プレーの予約、ショートコースの予約なども可能となっています。初めてのゴルフ場予約&プレーでポイントプレゼントキャンペーンも開催しているのでこの機会にご利用してみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

マナヒンジの開発コンセプト

左手に付ける矯正器具の限界

従来のスイング矯正器具は主に左手に装着するものでした。特に、手首のコッキングをサポートする補助器具も左手用が主流でした。

しかし、多くのゴルファーは右利きであり、不器用な左手でのコントロールには多くの練習が必要でした。

さらに、矯正器具を外してスイングすると、装着時との感覚の違いから上達に時間がかかることが課題でした。

Sponsored Link

マナヒンジの誕生

この問題を解決するために、ティーチングプロの中井学さんと朝日ゴルフが共同開発したのが「マナヒンジ」です。

右手に装着するこの練習器具は、利き手である右手首の感覚を養うことで、クラブコントロールを迅速に習得できるよう設計されています。マナヒンジは、基礎的なスイングを習得するための効果的な補助用具です。

自然なスイング感覚

中井学さんは「実際のコースで起こらないことを練習する。付けない物をつけて練習するのはマイナスの要素が強い」と考えています。

そのため、マナヒンジは、実際にゴルフをプレーする際に器具を外した状態でも違和感のない感覚を養えるように設計されています。

Sponsored Link

適度なサポート

マナヒンジは手首をガチガチに固定するのではなく、適度な自由を保ちながらサポートします。

右手首の正しいヒンジ角を保ったスイングなら何の抵抗も感じずにスムーズにスイングできますが、「手首の返しが早い」などの誤ったコッキング動作には違和感を感じる設計です。

正しいスイングをすると気持ちよくスイングでき、間違ったスイングをするとわずかな違和感を感じるようになっています。

マナヒンジの特徴

1. スクエアグリップが身につく

正しいヒンジ・コックの動作を行うには、正しいグリップが基本です。

左手をスクエアでグリップすることは比較的簡単ですが、右手の正しいグリップについては迷う方が多いのではないでしょうか。

マナヒンジを使うことで、自然に右手首にヒンジ角がつき、正しいグリップが身に付きます。

これにより、迷うことなく適切なグリップができるようになります。

2. スクエアなトップポジションが身につく

ボールを真っ直ぐ飛ばすためには、「トップ時の左手の甲の角度」を意識することが重要です。

理想的には、左腕と左手の甲が一直線になることです。この状態がスクエアフェースでボールを捉えることにつながります。

多くの方は左手を意識してこの角度を作ろうとしますが、実は右手のヒンジ角が正しければ、左手の甲の角度も自然に一直線になります。

マナヒンジを使えば、右手首の正しいヒンジ角を作ることができるため、左手を意識することなくスクエアなトップポジションが身に付きます

3. 身体の回転パワーをインパクトに生かせる

ボールを遠くに飛ばすには、一般的には腕のスピードが重要とされています。

しかし、腕のスピードを意識しすぎると、クラブのリリースが上手くできず、トップやシャンクなどのミスショットを引き起こすことがあります。

さらに、ミスを補おうとするあまり、手首の返しを早くしようとすることもあり、これがショットの安定性を損なう原因となります。

理想的なスイングでは、下半身が主導で回転し、そのブレーキによって上半身が回転し、手元のスピードが落ちることで自然と手首が返ります。

この一連の流れを身に付けるためには、手首の角度をキープすることが重要です。

マナヒンジはこの手首の角度を補助し、自然とボディーターンを使ったスイングを促します

手首を補助することで、ボディーターンの感覚をダイレクトに感じることができ、正しいスイングの習得が容易になります。

マナヒンジを使った方の口コミ

右手の角度は パターやショートアイアンに特に重要と思っています。学ヒンジ購入後今はパターの練習に使っていますが 引っかける癖が治り効果があります。アイアンでも使う特にショートアイアンにも効果があると思っています。

出典:楽天みんなのレビュー

これは装着して打てますね。 自然にバックスィングすれば正しい トップの位置に収まっている感じです。 練習場にて最初これで少し打ってから 外して打つと効果が実感できました。 いつもグローブサイズ22センチなのでSサイズ購入しましたが 少し小さくMサイズ追加で買い足しました。

出典:PayPayモール

レッスン5回して、使い方が分かってきました。今まで必要以上にコネていたようです。力が入ると悪さをする事も分かりました。活用して、無理のないスイングを作り上げます。

出典:PayPayモール

マナヒンジ購入時の注意点

マナヒンジは、コッキングの感覚を養うために非常に便利なアイテムです。

購入を検討されている方は、「サイズ選び」に特に注意してください。マナヒンジは【S】、【M】、【L】の3サイズで販売されています。

基本的には、普段使用しているグローブと同じサイズを目安に選ぶことができます。しかし、購入者の口コミによると、グローブと同じサイズでは小さいと感じる方が多いようです。

マナヒンジの公式ページでは、「手の甲の長さでサイズを選んでほしい」と推奨されていますので、こちらの基準で選ぶほうがジャストサイズになると思います

手の甲の長さの測定方法

  1. 手首を甲側に曲げる。
  2. 手首から中指の付け根までの長さを測定する。

以下の基準でサイズを選んでください:

  • 7.5㎝~8.5㎝:Sサイズ
  • 8.0㎝~9.0㎝:Mサイズ
  • 8.5㎝~9.5㎝:Lサイズ
出典: マナヒンジ公式ページ

この方法で測定した手の甲の長さを基に、適切なサイズを選んでください。これにより、マナヒンジを快適に使用でき、効果的な練習が可能となります。

マナヒンジを使ってみたい方は、ぜひこちらからご購入ください。

created by Rinker
¥1,937(2024/07/20 22:36:28時点 楽天市場調べ-詳細)

まとめ

コッキングはゴルフにおいて非常に重要な技術です。しかし、口で説明されても実践するのは難しく、何度もスイングの練習をして身に付ける必要があります。そんな時に役立つのが「マナヒンジ」です。

マナヒンジを装着することで、手首の理想的な角度を感覚的に教えてくれ、正しい動作が身に付きやすくなります。これにより、スイングの効率が向上し、飛距離や方向性の改善が期待できます。

正しいコッキングを覚えたいという方には、ぜひおすすめしたいアイテムです。マナヒンジを使って、効果的な練習を始めましょう。

>無料取材依頼

無料取材依頼

当サイトは金沢の健康・美容に特化したメディアです。無料取材申し込み掲載を希望される方はこちらからご連絡ください。無料で掲載させていただいております。